対馬の最近のブログ記事

昨日、ちょうど対馬からの帰途につこうとしたときに聞きました。
再び交通事故発生です。
前回から一ヶ月しかたっていません。
今回は、オスの成獣。栄養状態もよかったようです。

詳細はセンターのツシマヤマネコニュースを参照ください。

県道189号線と鹿見(ししみ)はここ

neko_m_20100110_0001.jpg


対馬野生生物保護センターが改修のため一時閉館するそうです。
期間は下記の通り
平成22年1月18日(月)から3月31日(水)まで

お出かけの方はご注意くださいね。
なお、福馬くんには2月14日(日)まで会えるそうです。

年明け早々にまた亜成獣保護のニュースです。
今度は野良猫と喧嘩していたそうです。

メスのツシマヤマネコ保護 上対馬町の民家近く  西日本新聞
ツシマヤマネコ、野良猫とケンカ...負けて保護 対馬 asahi.com

これでセンターでは年末からのコと併せて3頭保護していることになりますね。

1/5追記:
センターのツシマヤマネコニュースに下島のコの件と一緒に報告されています。

1/6追記(1/7修正):
現地からの情報ですと、のらやんと喧嘩はしたが、
魚をとりあっていたわけではないらしいとのことです。

追加情報(保護されたコとはちがうかも)
正月用ブリ狙うヤマネコをパチリ! 対馬の大浦副市長宅 長崎新聞

1/10追記:
センターのセンター職員の日誌に保護されている3頭の経過がアップされました。
先に保護されたオス2頭は順調に回復しているようです。

厳原でヤマネコが保護されたようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091229-00000018-maip-soci

このあたりで保護されました。


長崎新聞の動画ニュース

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュースによりますと、
平成21年12月7日対馬市豊玉町において、
オスの亜成獣が保護されました(ニュースに画像が載ってます)。
栄養失調の状態でしたがFIV、FeLVともに陰性だったとのことです。
その他の疾病の検査後に放獣(どきどき)の予定。

交通事故の場所もこの場所も上島の南の方ですね。

----------
12月11日追記:
センターの「センター職員の日誌」に経過が
画像付きでアップされています。
酸素濃縮機(空気中の酸素を濃縮する装置)を
接続した酸素室で過ごしているようです。

12月12日追記:
酸素室からでたようです。

12月29日追記:
ペナペナ→ぷにぷに になったそうです。

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュースによりますと、
平成21年12月8日 対馬市峰町志越の県道にて道路上で死亡しいる、
オスの亜成獣が発見されました。
この事故により平成20年2月から1年10ヶ月続いていた
無事故記録が675日でストップしてしまいました。

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュースによりますと、
福岡市動物園生まれでセンター育ちのおんなのこが、
10月10日に搬送先の福岡市の動物病院から
やまねこらんどへ旅立ったとのことです。
4歳でした。
死亡の原因は脳炎と診断されています。

20091011174541(1).JPG

花子さまがお怒りです。
(右:ハンテン 左:イシマツ親分)

20091011182158(1).JPG

みんないなくなったので、さごえもんの登場です。

[SONY HndyCam HDR-XR520]

NEKO_2009_10_11_1948.jpg

観察窓の前に丸太が新設され、最近はそこがお気に入りの様子。

[CANON EOS 50D]

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュース
および
ツシマヤマネコを守る会の掲示板によりますと、給餌場に来ていた太郎が、
22日に近くで骨になって発見されました。

ここでも、2008年1月と、
2008年10月に紹介しています。
私が出逢ったことのある唯一のネイティブヤマネコです。

ご冥福をお祈りします。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち対馬カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは井の頭自然文化園です。

次のカテゴリは富山市ファミリーパークです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.261