2009年6月アーカイブ

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュースによりますと、
6月17日に福岡市動物園で新しいコ2頭がうまれたそうです(雄雌は未確認)。
今回はN0.13のメスとN0.43のオスとの子供だそうです。
N0.13は2年ぶりの出産で10頭目だそうです。がんばってますな。
No.43は5月12日に生まれたコの父親でもあります。こっちもがんばってますな。

福岡市動物園のWhat's Newにも載りました。

福岡市動物園では売上の一部が「ツシマヤマネコ基金」に寄付される自販機が設置されたそうです。
http://zoo.city.fukuoka.lg.jp/detail.php?type=news&tday=20090622&ttime=132204

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュースによりますと、
昨年の2月に交通事故にあって保護されたコが、
6月11日に放獣されたそうです。
小学生が交通事故に遭っているツシマヤマネコを見つけて保護されたと、
ニュースになったコですね。

【7月15追記】
追跡調査を行っていたところ、7月10日衰弱して動きがなかったため
同日夜、再保護をし治療を行ったそうですが、12日の朝、死亡したそうです。
折角交通事故から生還したのになぁ・・・・・とても残念です。
保護→放獣 難しいのですかね。

【追記】
センターの職員の日誌にこのヤマネコ「ヒトエ」についての経過についての報告が載っています。
野生復帰へいろいろ努力されていたのがわかります。

対馬野生生物保護センターのツシマヤマネコニュースによりますと、
一月に佐護の民家の倉庫で保護された亜成獣が、棹崎の海岸で死体となって発見されました(マイクロチップで判明)。
死後時間が経っており、骨と皮だけの状態だったとのことです。

保護された当時の様子(ツシマヤマネコを守る会掲示板 山村会長の投稿)

しくしくしく。
しくしくしく。

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.261