2008年9月アーカイブ

ツシマヤマネコの衰弱した個体を保護 - 死亡しました。
(対馬野生生物保護センター)

平成20年9月23日の夕方に対馬市佐護で衰弱したツシマヤマネコが発見され、
対馬野生生物保護センターに保護されましたが、
収容直後にヤマネコランドへ出発(死亡)が確認されました。
オスの老齢個体とのことで、かなり痩せていた(体重2,880g)とのことです。

死因は老齢による衰弱と判断されました。
ネコエイズ、ネコ白血病は陰性。

生殖子は神戸大学(人工授精?)、死体は鹿児島大学(病理解剖)へ
送られたそうです

対馬野生生物保護センターで公開されている個体に
愛称がつきました。

福馬(ふくま)

福岡生まれで対馬育ちということで、
多数の応募の中から選ばれました。
残念ながら「さごえもん」は選外でした。(もっとも応募出ませんでしたが)

動画を二本アップしました。
どっちもシャーシャーいってます。にくきうがらぶりーですね。

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.261

最近のコメント